婚約指輪選びをしている最中なのですが、とても素敵な指輪を見つけました。

それは素材からリングデザインまで、すべての指輪作りを新郎新婦で行う、いわゆる婚約指輪オーダーメイドです。

それまで婚約指輪は既製品しかイメージがありませんでした。

よく探してみると最近では婚約指輪もいろんなデザインがあるのですね。

たとえばメレなんかは、小粒のダイヤモンドが、メインの石に添えられていて、一番大きな宝石部分を引き立てる役割を担います。

いくら小粒といっても、ダイヤモンドがいくつもちりばめられていれば、やはり華やかさは増しますね。

かわって、ソリティアというデザインもまた人気かつ不動のデザインです。

こちらはメレとは相反するデザインで、指輪のセンターに一粒のみあしらわれています。

ダイヤモンドをもっとも美しく見せることができるのは、このソリティアのデザインです。

カラット数やカットにこだわったダイヤモンドそのものの美しさや魅力を楽しみたいならば、おすすめはソリティアですね。

けれどメレも、一粒当たりの存在感はソリティアほどではなくても、とてもきらびやかな印象です。

いくつかのサイドストーンを自分好みにアレンジして並べてデザインするのも、オリジナリティが出て良さそうですね。

オーダーでも、このメレタイプは、よりデザイン性が豊かということで人気があります。

婚約指輪をあれこれ見ていたら、かえって一つに決めれなくなってしまいました。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.