婚約指輪を選ぶにあたって、先輩花嫁のブログなども参考にしています。

婚約指輪は二人の婚約の証なので、誰に自慢するものでもないのですが、やはりどうせなら誰が見ても婚約指輪と分かるデザインがいいなと思っています。

ブログでも、やはりゴージャスさや華やかさを一番に気にしたい、ということで、既製品のデザインにサイドストーンをプラスできるセミオーダータイプを選んでいるブロガーさんがいました。

それよりももっと豪華かつオリジナリティが欲しいという人はイチからデザインできるフルオーダータイプを選んでいるようですね。

指先ってとにかく絶えず動く体のパーツですから、その動きに応じてキラキラと輝くデザインの『パヴェ』も人気です。

こちらは、リング全体にストーンが敷き詰められたようなデザインで、360度、どの角度から見てもきらびやかな光を放ちます。

リングそのもののデザインにもいろんなパターンがあるそうですね。

たとえばアームの形状です。

S字のように柔らかな曲線を描いたアームデザインならば、女性らしいフェミニンな印象を出せます。

V字ラインですと、目の錯覚効果で指が細く長く見える嬉しい利点もあります。

このように、石だけでなく、リングそのものの形状を変えるだけでも、印象はがらりと変えることができますね。

逆に細くて華奢すぎる指が悩みの種という方は、リング自体を太目にして指輪の存在感をアピールしても良さそうです。

奥が深いけどデザイン選びも楽しいですね。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.