彼氏はどうやら婚約指輪を結納金代わりに考えているみたいです。

そのことに関しては私はとやかく言うつもりはありません。

最近は結納金がないカップルも多いし、両家の顔合わせも簡略的なものが主流と聞きますので…。

問題は半返しです。

彼に高額な婚約指輪をおねだりすれば、その分自分の首を絞める結果になりそうです。

半返しの相場は、その名の通り頂いた婚約記念品のおおよそ半分と言ったところです。

20万円の婚約指輪を頂いたら、やはり10万円相当のお返しをしなくてはなりませんよね。

お返しをしたくないわけではないのですが、このお返しを恐れて、婚約指輪を安いものでお願いするってなんだかみじめな気持ちです。

半返しが難しいならば、結婚生活に必要な家具家電を代わりに新婦側で用意したり、新郎のビジネスシーンで必要になるであろうスーツやカバンなどを贈るのも一つの手と知りました。

夫婦となれば、それらのアイテムは結婚生活やパートナーの仕事には必要不可欠ですからね。

言うなればいつかは絶対必要になる経費を先行投資、といったところでしょうか。

半返しにそこまでリアルさを求めるのも切ないですが。

地域性もありますが、半返しが必要とされない場合もあるというし、何より夫婦になる二人でよく話し合って決めることが一番重要でしょう。

婚約指輪そのものをあえてもらわずに、結婚式や結婚生活の資金にしようと決めるカップルも多いそうです。

いろんな形があるようですね。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.