加工してのぼりの生地の強度を高める

私が考えるのぼりのmainイメージ

のぼりの生地の強度を高めるためには、オプション加工をしてもらうと良いでしょう。三巻縫製や防炎加工がおすすめです。

加工してのぼりの生地の強度を高める

のぼりは外で使用することが多く、雨風にさらされるために生地の端からほつれてくることが多いです。

ほつれてしまったのぼりは見栄えも悪いので新しいものと交換することになりますが、安いとはいえできるだけ長く使いたいものです。

生地を強化することはできるのでしょうか。

《オプション加工がおすすめ》

のぼり制作会社の中には、生地を強化するための加工をオプションで行っているところがあります。

通常は、生地をカットしたままのヒートカット加工です。

ヒートカット加工とは、熱で溶かしてカットするもので、生地を熱で溶かすためその部分はほつれにくくなります。

しかし、風にはためくのぼりはどうしても生地の端からほつれてくることがあるのです。

それを防ぐために、三巻加工というオプション加工があります。

生地の端を三巻し、縫製する加工です。

こうすることでほつれを防ぎます。

《防炎加工もできます》

通常ののぼりは防炎加工なしで制作されていますが、展示会など屋内でのぼりを設置する場合は、生地の防炎加工を義務化しています。

防炎加工はのぼり制作会社に注文する時に依頼すれば防炎加工を施したのぼりを納品してもらえます。

防炎加工済みののぼりには、防炎製品ラベルをつけて納品してもらうことも可能です。

生地を強化し、さらに防炎加工もしてあるものなら安心ですね。

しかし予算等もあるでしょうから、最初に見積もりをしてもらい、どれくらいかかるかを確認した方が良いでしょう。

Copyright 私が考えるのぼり. All Rights Reserved.