誰もが見ても婚約指輪と分かるリングは、やはり心のどこかで憧れます。

おとぎ話に出てくるヒロインも、メディアで華やかに活躍する女優さんたちも、みんなゴージャスな指輪を付けていますから、やはり女性にとって『ダイヤモンドが大きい婚約指輪』は憧れるものです。

けれども、そもそも婚約指輪は他人にアピールする目的で付けるわけではないんですよね。

二人だけの愛の証なのですから、たとえシンプルでも二人にしか分からない特別なアピールポイントがあってもいいですね。

たとえば代表的なのはリングの内側の刻印ですね。

よく見かけるのはお互いのリングに、相手のイニシャルプラス自分のイニシャル、とかでしょうか。

ほかにも結婚記念日や二人だけのメッセージを刻むこともできます。

すごいものだと、文字だけじゃなくイラストや写真まで刻印できたりするそうで、婚約指輪の自由度が本当に高くなってきましたね。

素敵なもので、インサイドストーンというデザインも見つけました。

これは、あえてリングの内側に石をあしらうデザインで、指にはめている時には見えないからこそ、二人だけの密かな愛の印と言えそうですね。

このインサイドストーンは、カラーダイヤモンドやラッキーストーン、誕生石なんかが選ばれるのが主流のようです。

二人にしかわからない秘密のメッセージが込められた婚約指輪なら、愛着も増すことでしょうね。

調べているとあれもこれも!と目移りしてしまいます。

一つに決めるのが難しいですね。

参考ページ・・>[イニシャル?記念日?心に残る婚約指輪の刻印文例集

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.